金剛石はダイヤモンドのことです。
しかし、日本の歴史を調べてみますと、
どこにも金剛石に関するものが見つかりません。
そもそも日本でダイヤモンドの原石は取れませんので、
原石を研磨する技術もないはずです。
詳しく調べたところ、
日本の歴史に金剛石が無い理由が分かりました。
それもそのはず。金剛石は仏教に関する用語ですので、
中国やインド伝来の言葉だったようです。
本格的に、ダイヤモンドが日本に紹介されるようになったのは、
1763年の頃と言われています。
それでも、ダイヤモンドが市場を賑やかすようになるには
かなり先の未来になります。

今でこそ、ダイヤモンドは私たちの給料でも
購入することはできます。
決して安い買い物ではありませんが、
決して手が届かない価格でもありません。
celux lover weddingでもお手頃価格から、
最高級品まで
様々なものが用意されています。
そのダイヤモンドですが、今の婚約指輪・結婚指輪の
98%がダイヤモンドを使っているそうです。
その理由はバレンタインにチョコを贈るのと同じです。
サンタの色が赤いのも同じ理由です。

また、celux lover weddingではブライダル事業として、
ダイヤモンドジュエリーのレンタルを行っています。
時価1億円のジュエリーのレンタルも可能だそうです。
レンタル料は決して安くはありませんが、
一生に一度のハレの舞台ですので、
celux lover weddingでレンタルしませんか?

仏教由来だからなのか、金剛石と聞きますと、
非常に硬く強く険しいイメージがありそうです。
金剛力士の金剛杵のせいかもしれません。
または宮沢健二の影響かもしれません。
一方で、ダイヤモンドと聞きますと、
celux lover weddingのようなジュエリーを連想します。
同じ意味の言葉にも関わらず、
どうしてもこうしたイメージが先行してしまいます。