立方体の体積の求め方は小6か中1ぐらいに習うと思います。
縦×横×高さで体積を求めることができます。
そして、立方体は1辺の長さが倍になると、
体積は倍で増えた分の3乗分増えます。
1辺が3cmの立方体があればその体積は27立方cmですが、
1辺を倍にした6cmの立方体の体積は216立方cmになります。
なお、水の重量は1立方cmで1gですので、
27立方cmは27gで216立方cmは216g。
その商は8です。
長さを倍にしただけで重さは8倍も変化します。
これは立方体だけの話ではなく、
すべての図形に適用できるとされています。

ダイヤモンドは大きければ大きいほど、見た目が美しいとされています。
それはcelux lover weddingのダイヤモンドも例外ではありません。
しかし、ダイヤモンドの大きさを示す単位は重量です。
見た目である長さでは、ダイヤモンドの大きさを測りません。

celux lover weddingのダイヤモンド(婚約指輪の場合)は
0.3カラットを中心に取り扱っています。
カット方法で直径は変わりますが、0.3カラットは約4.3mmだそうです。
では、倍の約8.6mmのダイヤモンドはどれほど重いのでしょうか。
水でしたら8倍大きくなりますので、1.2カラットぐらいでしょうか。
おそらく、それぐらいのサイズになると思います。
問題は、値段だけは正比例ではなく、指数関数ということです。
0.1カラット増加するごとに累乗していく感じです。

実際、1カラットと0.8カラットでは、
値段にかなりの開きがあると言われています。
0.3カラットと0.4カラットもそれ相応の価格差があります。
0.4カラットは約4.8mmです。
たった0.5mmのために値段が倍になるのでしたら、
サイズにこだわりを持たず、別の価値を求めた方がいいと思います。
celux lover weddingが0.3カラットを中心に扱っているのは、
こうした事情だからではないでしょうか。

スタンダードサイズのダイヤモンドをご所望の方はぜひ、
celux lover weddingへどうぞ!!