英語の論文では、1ページ内で
同じ単語を使用するのはマナー違反だそうです。
「美しい」という意味を持つ言葉を使う際も、
ビューティフル、エレガント、クール、
リファインドなど、似たような意味を持つ言葉を使います。
その理由としては、読み手にとって
飽きさせない配慮かもしれませんね。
日本の論部は、あえて語彙を統一させることをしますが、
新聞などの評論ではなかなか面白い表現を使って
読み手を楽しませていると思います。
ブログでも、語尾がすべて「デス」「マス」では
抑揚が無くなり、読みづらいですよね。

celux lover weddingの商品紹介のページでも、
読み手にとって読みやすい表現技法を使用しています。
読んでいる最中に、飽きさせない手法とも言えます。
celux lover weddingは男性用と女性用の
ジュエリーを販売していますが、
それら2つはコンセプトが異なります。
その2つを紹介する際、形容詞や副詞が異なるのは当然ですが、
確実に重複する名詞までも異なる名称を用いているのです。
実際に、celux lover weddingのページを見てみますが、

MEN’S・・・「COOLでラグジュアリーなテイスト
男性の魅力を最大限に引き出したこだあわりのセレクション」
LADY’S・・・「上品でエレガントなデザイン。
女性の心を魅了し続ける繊細で可憐な美しいシルエット」

ここで注目して頂きたいのは、「テイスト」
「セレクション」「デザイン」「シルエット」
この4つの名詞は単純に「ジュエリー」に置き換えることも可能です。
しかし、celux lover weddingはそんな不躾な表現技法は使いません。
同じ名称の単語は、読み手にとって抑揚を失わせることですので、
例えニュアンスが正確ではなくても、異なる名称の言葉を用いることで、
読み手に気持ち良く読ませることをしているのです。
こうした細やかな気遣いが、デキル企業の条件の1つです。