芸術はとても難しいです。
専門家だけにその偉大さが分かるようなものもありますが、
一般大衆に向けた芸術というのもあります。
一例を挙げるのなら、教会でのステンドガラスなどでしょうか。
芸術を全く理解できない市民に対し一目で
「神は偉大だ」を知らしめるために、
それらの芸術作品を作ったそうです。

宝石の美しさも誰が見ても一目瞭然なものが多いです。
基本的にはシンメトリーなものが好まれています。
ダイヤモンドカットでも、上部から覗いた場合、
中心からしっかりと全方向対象になっているものが多いです。
というよりも、最上の美しさを引き出すには
シンメトリー以外ないのかもしれませんね。
侵入した光をしっかりと180.0000度ぐらいの精緻さで
誤差なく反射させるには、完全シンメトリーであることが重要だと思います。
クレセントムーンタイプのダイヤモンドはかなり難しいのではないでしょうか。

celux lover weddingのダイヤモンドも基本シンメトリーです。
教会のステンドガラスのように、規則正しく、図形がいくつも並んでいます。
ロイヤル・セリュックスやブライトシャンデリア、アストレイトなどの
個性豊かなcelux lover weddingのダイヤモンドカットがあるのです。

もちろん、ダイヤモンドの原石によっては
フルムーンタイプに磨けるとも限らないでしょう。
楕円のように歪曲してダイヤモンドを磨くことも珍しくありません。
celux lover weddingでも、オーバルやマーキーズ、ペア、ハート、
エメラルドといった形状のダイヤモンドを取り扱っています。

興味がありましたら是非、
celux lover weddingのショールームを訪ねてみてください。