18金という言葉があります。
その金属を75%含む、という意味になります。
それに対し、100%(実際には99.9%)のものを24金と呼びます。
または18Kや24Kとも表記されます。

ところで、なんで100%を24金と呼ぶのでしょうか。
言い方を変えますが、なぜ「24分率」なのでしょうか。
説としては、24は約数のしやすい数字だからと言われています。
24の約数は、1・2・3・4・6・8・12・24と8通りもあります。
下位の2桁の数字としては、かなりのバリエーションではないでしょうか。
約数が多いということは、分数がしやすいことを意味します。
つまり、正確に複数の素材を合金しやすいことを意味するのです。
金:銀:銅を4:3:2の割合で混ぜるなどは、
24分率法だと計算しやすいそうです。
(これ以上、数学の話をすると
頭がオーバーヒートするので、ここで打ち切ります)

celux lover weddingの宝石の土台も18金です。
75%の純金と、残りの25%に別の金属を使っています。
24金の方が豪華ですが、24金は非常に壊れやすい性質を持ちます。
それゆえ、24金のジュエリーは実生活では不向きとされているのです。
祭事用でしたら24金でもいいですが、
celux lover weddingのジュエリーは
「普段から身に付ける」を目的にしていますので、
合金にして強度を高める必要があるのです。

それと、18金で演出できる色には限界があります。
それゆえ、celux lover weddingではオニキスを使って、
漆黒を彩らせています。
celux lover weddingのダイヤモンドは
白、ホワイトゴールドは銀色、ピンクゴールドは金色。
その中にとびきりのアクセントを出させるなら、
漆黒は欠かせない色なのです。