ブラックダイヤモンドを意味する言葉は数多くあります。
単純に、カラーダイヤモンドにおける
黒色なのか(カーボナードと呼ばれている)、
比喩としての石炭やマグロ、オオクワガタ、トリュフのことなのか、
様々なブラックダイヤモンドが存在しています。
また、ブラックダイヤモンドを店名に掲げているところも多数あります。
ダイヤモンドは高級の代名詞とも取れる言葉ですので、
それだけ多くのところに使われているのです。

celux lover weddingは宝石をあしらった
ジュエリーの数々を販売する宝石装飾会社ですが、
カラーダイヤモンドにおけるブラックダイヤモンドは取り扱っていません。
しかし、黒の色素はジュエリーのデザインには不可欠なものといえます。
白いダイヤモンドに銀色のリングという単色の掛け合わせでは、
多様な表現がしにくいのではないでしょうか。
料理でも、赤や黄色ばかりで緑が足りない、と感じたことはありませんか?
やはり、アクセントというものは必要なのです。
そこでcelux lover weddingでは、
黒を示すのにオニキス(黒瑪瑙)を利用しています。

本来、オニキスの原石は黒一色の色素を持ちませんが、
多孔質という構造上、染色が非常に容易な素材でもあるのです。
ジュエリーで使われるオニキスのほとんどは
人工的に染色されているものになります。
celux lover weddingはダイヤモンドの白とリングの銀色(または金色)、
そして黒のコントラストによって、美しい色彩を展開しているのです。

男らしい漆黒の黒をアクセントに持つジュエリーを欲しい方は是非、
celux lover weddingをご利用してみてください。