合成ダイヤモンドの技術は飛躍的に
進歩しているとも言われています。
このままでは従来の鑑定方法では、
真贋の区別が付かなくなるとも言われています。

従来の鑑定方法をいくつか紹介しますが、
合成ダイヤモンドと天然ダイヤモンドを最も簡単に
区別する方法はダイヤモンドの表面に水を垂らすことです。
本物のダイヤモンドは疎水性を持ちますので、水をはじきます。
キレイに飛び散ることはなくても、拡大鏡などで確認して、
ダイヤモンドの表面の水滴が丸くなれば本物のダイヤモンドです。
逆に、水滴が表面に平べったくなれば、
そのダイヤモンドは模造品・人工・合成などです。

しかし、実際問題として、購入してもいない商品に
水を濡らしてもいいのでしょうか。
疎水性に対する親油性を利用して、
油性ペンで書くという鑑別方法よりかはマシかもしれませんが、
やはり抵抗がありそうです。
ダイヤモンドは水ごときでは全く傷つきませんが、
店員の許可がありませんと、
このような確認方法は取れないかと思います。

celux lover weddingのショールームに行けば、
手に取ってジュエリーを確認することができるかもしれません。
ただし、ダイヤモンドは親油性で手の脂が非常に付きやすいので、
白手袋が必須かもしれません。
もしかしたら、celux lover weddingが貸してくれるかもしれません。
(celux lover weddingのスタッフは
ジュエリーを取り扱う際は必ず白手袋を装着しています)
ダイヤモンドに水を垂らしていいかは、
celux lover weddingのスタッフに確認を取ってみてください。