ダイヤモンドは炭素の固まりです。
鉛筆の芯も炭素の固まりです。
同じ元素から出来ていますが、2つの違いは密度にありそうです。
複数の炭素原子が緩く結合しているのが鉛筆の芯で、
複数の炭素原子がガチガチに組み合わさっているのが
ダイヤモンドということです。
つまり、鉛筆の芯を超高圧縮すれば
ダイヤモンドを作ることができるかもしれないのです!!
と思っていたら、合成ダイヤモンドが正にその方法で、
2000度オーバーの超高温か10ギガパスカル以上の
圧力で作れるそうです。

ただし、人工的に生み出したダイヤモンドと
天然の原石から磨かれたダイヤモンドではその特性が異なるそうです。
光の波長が違うと言われてますが、正直、良く分かりません。

合成ダイヤモンドと天然ダイヤモンドの違いは、その希少性にありそうです。
合成はいくらでも作ることができるが、天然は数に限りがあります
コピーとオリジナルの違いとも取れそうですが、
人によってはコピーで十分と言うかもしれません。
性能的には大差ありませんので、要は価値観の違いなのでしょう。

もちろん、celux lover weddingのダイヤモンドはすべて本物です。
天然の原石から食品が1つ1つ研磨して作り上げたのが、
celux lover weddingのダイヤモンドです。
celux lover weddingのダイヤモンドが本物を証明するのは、
日本ジェムテスティングセンターの鑑別鑑定書です。
ダイヤモンドの鑑定は国家資格ではなく、
誰でも鑑別鑑定書を発行することができますので、
その鑑別鑑定書が本物と証明するのはその鑑定機関のこれまでの実績です。
宝石業界は信用の上で成り立っている商売とも言えます。

本物のダイヤモンドが欲しい方は、celux lover weddingへどうぞ。