シンセティック・ストーンをご存知でしょうか。
あまり馴染みのない言葉になりますが、
日本語で「合成宝石」を意味します。
宝石の定義にて「希少性」がありますので、
大量生産が可能な合成宝石はある意味
「宝石」とは呼べないかもしれません。
ただし、こうした合成宝石がいくら台頭しようとも、
天然石の希少性は揺らがないものと考えられています。

celux lover weddingはダイヤモンドをあしらうジュエリーを
主に手掛けており、当然、そのダイヤモンドは天然のモノになります。
ジュエリーを求める方の多くは、見た目の美しさだけでなく、
ブランドや希少性も求めているのです。
また、見る人が見れば人工と天然の違いを見破ることは難しくなく、
それゆえ、多くの方がcelux lover weddingの本物のダイヤモンドを欲するのです。

しかし、合成宝石の作製技術は年々進歩しているとも言われています。
一般的な合成宝石は、色も美しさも均一により、
それにより天然石との区別が可能とされてきましたが、
最近では敢えて内部に微細な傷を作る技術も存在しているそうです。
その対策として、鑑別機関も様々な鑑定方法を開発していますが、
現状、イタチゴッコともされています。

そこで根本的な解決として、信用あるサイトホルダーから
宝石を輸入するという手段があります。
celux lover weddingのダイヤモンドも確かで
長い信用のあるサイトホルダーから仕入れているのです。
そして、celux lover weddingのダイヤモンドを鑑定する機関も
日本で最も中立で権威があるとされるところに委託しています。
これほどの万全な体制により、本物のみを使うことを可能にしているのです。