「フルオーダーメイドのジュエリーが高い」
と感じたことは一度や二度ではないと思います。
人の手がメインになるだけで、工場で作られる大量既製品よりも
遥かに高価になるのに、疑問を感じたことはありませんか?
実は、指輪を始めとする金属加工は私たちの
想像以上の苦労の上、完成に到るのです。

ジュエリーは指輪、ネックレス、ブローチ、
ピアスと色々とありますが、今回は指輪を例に取って紹介します。
まず、フルオーダーメイドの指輪加工で使用する機械は1つでありません。
鋳型を取る機械、指輪を丸く削る機械、指輪に穴を開ける機械、
指輪に溝を掘る機械など、多くのマシーンを使います。
また、鋳造法でしたら、型に流し込むだけで完成しますが、
オーダーメイドの指輪は切削法にて作られることが多いです。
ある程度の原型までは鋳造法にて製造されるかもしれませんが、
細かい意匠は人の手で為し得ないといけないのです。

鋳造法も鍛造法も切削法もすべて職人の腕により良し悪しが
“とても”“かなり”分かれますが、
切削法は更に輪を掛けて顕著になります。
日本の伝統工芸でも、木片に細かい溝を掘る職人が居ますが、
指輪作りの職人にも同様以上の技術レベルが求められているのです。
縁日の型抜きとは比べられないほどの精度が求められているのです。

CELUX LOVER WEDDINGのオーダーメイドジュエリーも
こうした職人さんたちの血と汗と涙の結晶にて完成されていると言えます。
実際に血と涙は流していないと思いますが、
それだけの苦労をこなし、技術がつぎ込まれているのは確実です。
ぜひ、CELUX LOVER WEDDINGのジュエリーでプロの技術を垣間見てください。