CELUX LOVER WEDDING株式会社で取り扱っている
ダイアモンドについてご紹介します。
まず、ダイアモンドの価値を示す4つの項目として
「Carat(大きさ)」「Clarity(透明度)」「Color(色)」
「Cut(基準プロポーション)」があります。
ダイアモンドは大きいほど価値があり、透明なほど価値があり、
無色なほど価値があり、複雑なカットなほど価値があります。

CELUX LOVER WEDDINGのエンゲージリングなどで使われている
ダイアモンドの大きさは、0.3カラット(0.06g)を中心に使っています。
ダイアモンドは大きければ大きいほど価値は高まりますが、
指輪のサイズや顧客が求めやすい値段を考慮した結果、
0.3カラットが最も高い需要になりました。

ダイアモンドの透明度は価値を決める上で重要な位置にあります。
ダイアモンドの中にはキズや内包物があることがありますので、
これがいかに少ないかでダイアモンドの価値が決まります。
透明度は11段階の等級で分類され、CELUX LOVER WEDDINGは
上から6等級目のVS2以上の透明度のダイアモンドを使用しています。

ダイアモンドは一見無色に見えますが、本来は黄色を帯びているのが一般的です。
価値の高いダイアモンドはこの黄色味がいかに少ないかで決定します。
CELUX LOVER WEDDINGでは23段階の等級のうち、
上から3等級目のFカラー以上を使っています。

原石の資質だけでダイアモンドの価値は決まりません。
いかに美しく造形するかでも価値は大きく変動します。
CELUX LOVER WEDDINGでは最高水準のカットのラウンドブリリアントから、
それを上回る水準のカットのロイヤルセリュックスという
CELUX LOVER WEDDINGオリジナルカットのダイアモンドをご用意しています。

いかがでしょうか。
このサイトの紹介で、CELUX LOVER WEDDINGがどんな種類のダイアモンドを
使っているかをご理解して頂けましたら幸いで御座います。