みなさんは結婚指輪の意味をご存知ですか?
結婚するとき、誰でも当たり前のように
左手の薬指にはめている結婚指輪ですが、歴史的な経緯があります。
それをCELUX LOVER WEDDING が解説しています。

CELUX LOVER WEDDINGについて解説しますと、
この会社はもともとアクセサリーを扱っていました。
それが近年宝石から結婚指輪、結婚式の演出までするようになった会社です。

さて、結婚指輪の由来ですが、
結婚指輪に教会が祝福を与えるようになったのは
11世紀からといわれています。
左手の薬指にはめるのは厳格なきまりがあったわけではないと、
CELUX LOVER WEDDINGでは解説しています。

西洋の習慣で、指輪を薬指にはめればそれは「愛情」を意味するものらしいです。
そこから薬指にはめる習慣がついたのではと、
CELUX LOVER WEDDINGは締めくくっています。

ところで日本では結婚指輪のことをマリッジリングと呼んでいますが、
CELUX LOVER WEDDINGによれば、正確にはウェディングリング
またはウェディングバンド
と呼ぶそうです。
ちょっとした豆知識ですが、これを知っているのと知らないのでは
結婚指輪に対する想いが変わってきそうですね。